GoogleAnalyticsのReMarketingを活用してますか

google Analyticsを使っている方は多いと思いますが、最近のトレンドとしてはリマーケティング機能です。
毎日細かくチェックしている方にはもうとっくにやっているよ、という話かもしれませんが、この機能はマーケティングを行う上ではとても重要な情報を収集することのできるものなので、未設定の人は是非すぐにでも設定してください。

今回は特にwordpressでgoogle Analyticsを使っている人を対象として話を進めたいと思います。
wordpressにはプラグイン機能という便利なものがあるので、簡単にすべてのページgoogle Analyticsのトラッキングコードを加えることも可能ですね。
僕もしばらくGoogle Analyticsを使っていたのですが、今回リマーケティング機能(インタレストカテゴリ)を使用するためにプラグインを入れ替えることにしました。
今回新しく入れ替えたプラグインはGoogle Analyticatorです。
以前のトラッキングコードではリマーケティングに対応していないため、新しいコードへの書き換えが必要です。
現在は最新版のGoogel Analyticatorを導入することによって、コードの書き換えを自動で行うことも可能です。

ただし、このGoogle Analyticatorを使用する際は、最初の設定をする際に注意が必要です。
多くのプラグインではgoogle AnalyticsのトラッキングID(※UA-xxxxxxxx-xというもの)を入力しますが、このプラグインの場合はちょっと違います。
まずプラグインをインストールしたら設定画面を開きましょう。
Google Analyticator 設定の手順1

Google Analyticator 設定の手順1


最初の設定画面はこのようになっています。
Google Analyticator 設定初期画面

Google Analyticator 設定初期画面


このテキストエリアにトラッキングIDを入れたくなりますが、実はそうではありません。
僕は何度かコピペしてエラーが表示されて困りましたฅ(´・ω・`)ฅ
まず最初にここをクリックします
GoogleAnalyticator初期設定
この時点でgoogleアカウントにログインしていないと、恐らくこのような画面が表示されます。
googleアカウントログアウト状態の時はログインを促されます

googleアカウントログアウト状態の時はログインを促されます


ログイン後は次のような画面が出るので、承諾します。
承諾するをクリック

承諾するをクリック


次に表示されるコードが先ほどの画面で入力されるコードになります。
クリックするとコードが選択されるので、windowsの場合はそのまま[ctrl] + [C]でコピー。
※選択されなければ[ctrl] + [A]で全選択です。
コードを貼り付けたらSAVEをクリックすることを忘れずに。
コードを貼り付けたらSAVEを忘れずに
いきなりエラーのような表示が出ますがあわてなくても大丈夫です

いきなりエラーのような表示が出ますがあわてなくても大丈夫です


上記2か所をクリックして設定を適宜変更します。
下にスクロールしていって、Enabled remarketingの部分がNoになっているのでYesに変更します。
remarketingスイッチオン
ここまでやれば、まず下までスクロールしてSave Changesをクリックして変更を保存します。
ここで終わりではありません。
この後GoogleAnalyticsにログインし、次のような設定を行います。
GoogleAnalytics設定順序
ここまでくれば設定完了です

ここまでくれば設定完了です


ここまでくれば設定完了です。
お疲れ様でした。


ちなみに、こちらの設定もまだの場合はついでに設定しておきましょう。
ここもクリックしておきましょう

以上お疲れ様でした。