備忘録的ウェブサイト関連ツール

ウェブサイトの作成や記事の更新などで、いろいろな便利ツールを使わせていただいていますが、久しぶりに使おうとすると「あれ?どこにあったっけ?」なんて忘れてしまうことが多すぎるので、ここに少しずつまとめていこうと思います。

excelのデータをhtmlに変換する。


エクセルシートをHTMLテーブルに変換しちゃう君 (ββ)
今までは違うサイトやフリーソフトを使っていたはず・・・と思いつつも、こちらはシンプルでいて、プレビューもでき、出来上がったhtmlも編集しやすそうなのでチェック。
個人的にはアンテナ工事で得た受信データがエクセルデータとなっているので、それをウェブ上で公開するときに簡単にできていいな、と。
また近々個人的に便利なデータ一覧表を作って公開したいと思っていたので、その時に利用しようと思ってます。 lowest price generic viagra

ページに必要なリッチスニペットのタグを取得する


これはwordpressのテーマを作ったり、改造したりという場合に是非押さえておきたいツール。
googleが提供している「構造化データ マークアップ支援ツール」を使用することにより、ブラウザ上で必要なマークアップを作成してもらいます。
マークアップに必要な要素(公開日や著者名、レーティングなど)をそのページの種類にあわせて、すべて1ページに表示されるように配置した状態でこのツールを使えば、どこをどのように修正したらいいのかがハイライトされたhtmlとして表示されるので、とても分かりやすい。
また、ページの種類によってどのようなデータが必要なのかもわかるため、ページ作りにとても役に立つツール。 viagra cost

構造化データ テスト ツール


上記と併せて使用したいのが、こちらのテストツール。
構造化データ テスト ツール cialis generico 24h

WordPressの記事のレイアウトを自由に構成できるプラグイン


Page Builder by SiteOrigin
プラグインをインストールすることによって、固定ページ、投稿どちらでもドラッグアンドドロップでレイアウトを自由に変更することができる。そのため、デザインに富んだページを楽に構築することもでき、簡単に変更することもできる。